Google Apps のブラウザサポートについて

2010年2月1日

2009年は Google Apps に 100以上の機能改善・追加が行われました。Google は、2010年もさらなる機能強化を予定しており、お客様にとって、より便利で革新的なコラボレーションツールが提供される予定です。

Google Apps を強化し、より洗練された機能と性能を提供するためには、Javascript や HTML5 などの最新のウェブテクノロジーの活用が必要となります。 その結果、古いタイプのブラウザプラットフォームへのサポートを段階的に停止されることになりました。対象となるブラウザは Microsoft Internet Explorer 6 および Mozilla Firefox 2.0 となります。

2010年3月1日に、これらのブラウザへの Google ドキュメントおよび Google サイトエディターサポートが停止されます。同日以降は、これらのブラウザを使った場合のアプリケーションのパフォーマンスが低下したり、正しく機能しない場合が予想されます。また、2010年後半には、Gmail および Google カレンダーにおけるこれらブラウザへのサポートが停止される予定です。なお、Internet Explorer 7 以上、Firefox 3 以上、Safari 3 以上、および Google Chrome へのサポートは引き続き行われます。

関連記事