Google ドキュメントにフォルダ単位での共有機能が追加

2009年10月15日

Googleドキュメントのフォルダ共有機能

Google ドキュメントにドキュメント文書やスプレッドシート、プレゼンテーションをフォルダ単位で他のユーザーと共有できる機能が追加されました。

フォルダの共有設定により、そのフォルダ内にある全ドキュメントのファイル共有設定をまとめて管理できるため、ドキュメントのファイル閲覧を一度に 1つずつ指定して招待する必要がなくなります。また、あらかじめ招待しておかなくても、作成したドキュメントを特定グループのユーザーと簡単に共有できます。

また、Google ドキュメントで一度に複数のファイルをアップロードできるようになりました。
これにより、Gmail と同様に、Google ドキュメントでもユーザーがハードディスクから複数のファイルを選び、各ファイルのアップロードの進捗状況を視覚的に確認できるようになりました。ユーザーは Google Apps のクラウドにフォルダ全体を移すことが非常にかんたんになります。

関連記事