Google ドライブ上のファイルのオーナー権限を譲渡

Google Apps の管理者は、ユーザーの Google ドライブ上にある全ファイルのオーナー権限を別のユーザーに譲渡することができます。退社したユーザーのユーザーアカウントを削除する前などに有効な機能です。
オーナー権限を譲渡した後のユーザーはファイルの編集権限が付与された状態となりますので、引き続きファイルにアクセス可能です。

1. Google Apps 管理コンソールにログイン

Web ブラウザを開き、管理者権限をもっているユーザーアカウントで管理コンソール(admin.google.com)にログインします。ダッシュボードが表示されたら[Google Apps]アイコンをクリックします。

管理コンソールにログイン

2. オーナー権限を譲渡

Google Apps サービス設定画面にて[ドライブ]欄をクリックします。

Googleドライブをクリック

Google ドライブ設定画面にて[オーナー権限を譲渡]欄をクリックします。

オーナー権限を譲渡をクリック

「オーナー権限を譲渡」画面にて[現在のオーナー]、[新しいオーナー]を入力し、[ドキュメントを譲渡]をクリックします。

現在のオーナーと新しいオーナーを入力

「ドキュメントを譲渡」の確認画面にて[OK]ボタンをクリックすると、オーナー権限が譲渡されます。

オーナー権限が譲渡

関連記事