アイテムを削除

Google ドライブ上の不要なアイテムを削除するとゴミ箱に移動します。ゴミ箱からはアイテムを復元することが可能ですが、データを完全に削除すると 2度とアイテムにはアクセスできません。

ゴミ箱の中のアイテムを完全に削除すると、Google ドライブの保存容量の空きを増やすことができます。

1. アイテムを削除(ゴミ箱へ移動)

マイドライブなどのアイテムリストを表示して削除したいファイル(もしくはフォルダ)を選択し、[ゴミ箱]アイコンをクリックします。

ファイルを削除

削除したいファイルを選択し、[右クリック]-[削除]をクリックしても同様です。

右クリックでファイルを削除

2. ゴミ箱からデータを復元

あやまってゴミ箱に入れたデータは、復元することが可能です。
Google ドライブ画面左メニューの[ゴミ箱]をクリックし、ゴミ箱を表示します。復元したいアイテムを選択し、[復元]をクリックすると、復元されたデータは、ゴミ箱に入れる前の状態に戻ります。

ゴミ箱からデータを復元

3. ゴミ箱からアイテムを完全に削除

Google ドライブ画面左メニューの[ゴミ箱]をクリックし、ゴミ箱を表示します。完全に削除したいアイテムを選択し[完全に削除]をクリックすると、アイテムは完全に削除され、2度とアクセスできなくなります。

ファイルを完全に削除した場合、ファイルは復旧できませんのでご注意ください。

ゴミ箱からファイルを完全に削除

4. ゴミ箱を空にする

Google ドライブ画面左メニューの[ゴミ箱]をクリックし、ゴミ箱を表示します。ゴミ箱内のすべてのアイテムを完全に消去してゴミ箱を空にする場合は、[ゴミ箱]-[ゴミ箱を空にする]をクリックします。

[ゴミ箱を空にする]をクリックしてアイテムを完全に消去した場合、データは復旧できませんので、ご注意ください。

ゴミ箱を空にする

関連記事