SSL 接続を有効化

Google Apps 管理者が SSL 接続を有効化することで、ユーザーが Gmail、Google カレンダー、Google ドキュメント、Google サイトにアクセスする際は、自動的に SSL(Secure Socket Layer)接続になります。

SSL(Secure Sockets Layer)は、ウェブの閲覧、メール、インスタント メッセージなどのデータ転送で安全なインターネット上の通信を行うプロトコルです。

1. Google Apps 管理コンソールにログイン

Web ブラウザを開き、管理者権限をもっているユーザーアカウントで管理コンソール(admin.google.com)にログインします。ダッシュボードが表示されたら[▼ その他の設定]-[セキュリティ]アイコンをクリックします。

管理コンソールにログイン

2. SSL を有効化

セキュリティ設定画面にて[基本設定]欄をクリックします。

基本設定

「SSL」項目にて[SSL を有効にする]にチェックを入れ[変更を保存]をクリックします。

SSLを有効化

関連記事