サービスの URL を覚えやすく変更する

Google Apps の初期設定では、メールサービスの URL は【 http://mail.google.com/a/ドメイン名 】となっています。Google Apps の各サービスでは【 http://mail.ドメイン名 】などの、ドメイン名に合わせた覚えやすい URL に変更する事が可能です。

ドメイン所有権の確認Gmail の有効化を行った方法と同じように、お客さまのドメイン名が管理されているドメインホストにて DNS レコードの追加作業を行います。

1. Google Apps 管理コンソールにログイン

Web ブラウザを開き、管理者権限をもっているユーザーアカウントで管理コンソール(admin.google.com)にログインします。ダッシュボードが表示されたら[会社プロフィール]アイコンをクリックします。

管理コンソールにログイン

2. サービスの URL を変更

会社プロフィール設定画面にて[カスタム URL]欄をクリックします。

カスタムURL欄をクリック

サービス URL の変更画面になりますので、各サービスのカスタム URL を入力後、画面下部の[次へ進む]をクリックします。

各サービスのカスタムURLを入力

3. ドメインホストにて CNAME レコードの追加

CNAME レコードの変更中の画面に表示された CNAME 情報を後でまた確認できるようにしておきながら、 ドメインホストの DNS 管理画面へ移動し、CNAME レコードの作成を行います。

ホスト名に指定の文字列、種別(Type)は CNAME 、指定先(Value)に ghs.googlehosted.com をそれぞれ入力します。

ドメインホストにて CNAME レコードの追加を終えたら Google Apps 管理コンソールの[指定された手順を完了しました]ボタンをクリックします。

CNAMEレコード変更中

ドメイン ホストでの CNAME レコードの作成

ドメイン ホストで CNAME レコードのを作成する際は、ドメイン管理画面の DNS レコード設定画面にておこないます。

日本最大のドメイン ホストである「お名前.com」の場合は、[ドメイン Navi]にログインして画面上部メニュー[ドメイン設定]- 画面左メニュー[DNS 関連機能の設定]からレコードを編集します。

お名前.comのDNS設定画面

DNS の設定方法についてご不明点などありましたら、ご利用のドメインホストにご確認ください。

DNS の反映に最大で 48時間程度かかりますが、反映が完了すると新しい URL で各サービスにアクセスが可能となります。

関連記事