ユーザーを組織に分けて利用サービスを制御

Google Apps の管理者は、ツリー構造の組織を作成してユーザーを振り分けて管理することができます。ツリー構造の組織でユーザーの管理がしやすくなるだけではなく、組織ごとに利用出来る Google Apps 及び Google サービスを制御することが可能です。
尚、組織ツリーはユーザーごとの利用サービスを制御するための組織ですので、実際の企業組織のツリーと一致させる必要はありません。

1. Google Apps 管理コンソールにログイン

Web ブラウザを開き、管理者権限をもっているユーザーアカウントで管理コンソール(admin.google.com)にログインします。ダッシュボードが表示されたら[ユーザー]アイコンをクリックします。

管理コンソールにログイン

2. 新しい組織の作成

ユーザー一覧画面の左側のフィルタ欄の[組織別]項目にてドメイン名の右隣りの[設定] -[下位組織を追加]をクリックします。

下位組織を追加

新しい組織の作成画面にて各項目を入力し、[組織を作成する]をクリックします。

組織を作成する

3. 組織の作成が完了

ユーザー一覧画面の左側のフィルタ欄の[組織別]項目に新たに作成された組織が表示されます。他に組織を作成する場合は[設定] -[下位組織を追加]をクリックして作成を繰り返します。

新規に作成された組織の確認

組織の変更

組織はいつでも名称を変更したり、別の親組織の下位に移動させることができます。

組織の変更

4. 組織とユーザー

作成した組織に属するユーザーを作成する場合は、画面左側の組織ツリーから該当の組織をクリックします。画面右下の[+]をクリックしてユーザーを作成すると、組織内にユーザーが作成されます。

新しく作成した組織にユーザーを作成

ユーザーを別の組織に移動

ユーザーはいつでも別の組織に移動させることができます。

ユーザーを別の組織に移動

5. 組織に属するユーザーの利用サービスを制御

作成した組織ごとに一括して属しているユーザーが利用できる Google Apps サービス及び Google サービスを制御することができます。
ダッシュボードから[アプリ]-[Google Apps]をクリックし、画面右上の[フィルタ]アイコンをクリックすると表示される組織ツリーから該当の組織をクリックします。表示されているサービスの一覧から、利用をオフ(もしくはオン)にするサービスの名称左のチェックボックスにチェックを入れ、サービスの一覧の上部の[サービスをオフ(もしくはオン)にします]ボタンをクリックします。

利用GoogleAppsサービスを制御

サービスの設定に変更を加えた組織に下位組織が存在する場合は、設定が継承されます。
関連記事