メールの転送設定

Google Apps の管理者は受信するメールの配信ルールを指定する事が可能です。DNS 設定の変更はすべてのユーザーのメール配信に適用されるため、メール転送機能を使用することでドメイン宛てのメッセージを柔軟に制御できます。 メール転送機能はドメイン全体または特定のユーザーアカウントに対して有効する事が可能です。

ドメインメール転送の使用例
  1. Google Apps を導入するにあたって、一部の管理者やユーザーでメールの試験運用を行いたい場合
  2. メール移行時の二重配信を有効化し、新しいメールを Google Apps と別のシステムの両方に配信する場合
  3. Google Apps メールのバックアップとしてセカンダリサーバーを追加する場合(または別のシステムのバックアップとして Google Apps サーバーを追加する場合)。

1. Google Apps 管理コンソールにログイン

Web ブラウザを開き、管理者権限をもっているユーザーアカウントでコントロールパネルにログインします。

管理コンソールにログイン

2. メールの転送先サーバーを設定

ドメイン宛の受信メールを Google Apps 以外のメールサーバーに転送するには、[設定]メニューをクリックし、サイドバーの[メール]をクリック、[全般]タブの「メール転送」項目の[転送先を追加]をクリックします。

メールの転送設定

転送先の設定画面が表示されますので各項目に入力を行います。入力終了後[変更を保存]をクリックします。

メールの転送先サーバーを設定

転送設定の変更が Google システムに反映されるまでには、1時間程度かかることがあります。
転送設定の項目について

転送先:追加のメールサーバーの SMTP-In のホスト名または IP アドレスを入力します。

SMTP エンベロープの変更:SMTP エンベロープとは、受信メッセージの [宛先]項目を指定します。 選択した場合、Google で SMTP エンベロープを書き換え、受信メッセージの[宛先]項目に転送先のホスト名を表示します。

メール配信先:メール転送の対象とするドメインのユーザーを指定する配信オプションです。

  • 不明なアカウントのみ – ユーザーが Google Apps に存在しない場合のみ、指定の転送先にメールを配信します。
  • 作成済みのアカウントのみ – ユーザーが Google Apps に存在する場合のみ、指定の転送先にメールを配信します。
  • すべてのアカウント – すべての受信メールを指定の転送先に配信します。

メール不着通知を送信する:メッセージが転送先に届かなかった場合に送信者に通知します。 選択すると、この転送先に配信されなかった場合、Google から不着通知が送信されます。

関連記事