Google Apps のコアサービスの利用を停止する

Google Apps の管理者は Google Apps のいずれかのサービスの利用を停止してドメイン内で表示されないようにする事が可能です。
各サービスで作成、保存してあるデータは利用を停止しても、失われることはありません。停止したサービスはいつでも再開する事が可能です。

1. Google Apps 管理コンソールにログイン

Web ブラウザを開き、管理者権限をもっているユーザーアカウントで管理コンソール(admin.google.com)にログインします。ダッシュボードが表示されたら[Google Apps]アイコンをクリックします。

管理コンソールにログイン

2. Google Apps サービスの利用停止

Google Apps サービス設定画面にて、停止したいサービス左のチェックボックスにチェックを入れ、サービス一覧上部の[サービス オフ]アイコンをクリックします。

GoogleAppsサービスの利用停止

サービス停止の確認画面が表示されますので[オフにする]をクリックします。

サービス停止の確認

変更が有効になるまで、30分程度かかる場合があります。

Google Apps サービスが停止すると、ステータスが「オフ」になります。

GoogleAppsサービスが停止

組織ごとに利用サービスを制御

ユーザーを組織に分けて管理している場合は、画面右上のフィルタアイコンをクリックして組織構造を表示させ、サービスの利用を停止する組織を選択し、サービスの利用を停止します。

組織ごとに利用サービスを制御

3. Google Apps サービスの再開

停止した Google Apps サービスを再開するには、Google Apps サービス設定画面にて、再開したいサービス左のチェックボックスにチェックを入れ、サービス一覧上部の[サービス オン]アイコンをクリックします。

GoogleAppsサービスの再開

関連記事