ユーザーに Google Apps の管理者権限を設定する

ドメイン内なら何名のユーザーでも必要に応じて Google Apps の管理者としての権限を与える事が可能です。Google Apps の管理者はドメイン内のユーザーと各種サービスの設定やドメイン設定の管理を行うことが可能になります。また、管理者権限は組織ごとやメニューごとに設定可能です。

1. Google Apps 管理コンソールにログイン

Web ブラウザを開き、管理者権限をもっているユーザーアカウントで管理コンソール(admin.google.com)にログインします。ダッシュボードが表示されたら[ユーザー]アイコンをクリックします。

管理コンソールにログイン

2. 管理者権限を与えるユーザーアカウントを選択

ユーザーアカウント一覧画面が表示されますので、管理者権限を付与したいユーザーをクリックします。

管理者権限を付与するユーザーを選択

ユーザー詳細画面にて[もっと見る]をクリックし、[管理者の役割と権限]欄をクリックします。

もっと見るをクリック

管理者の役割と権限をクリック

3. Google Apps 管理者権限の設定

「管理者の役割と権限」画面にて、[他の権限を割り当て]ボタンをクリックします。

他の権限を割り当てをクリック

「管理者に役割を割り当て」画面にて、役割を選択し、[割り当てを確認]ボタンをクリックします。

管理者に役割を割り当て

Google Apps の管理者の役割

特権管理者 : 管理コンソール内の全管理者権限のある役割。
グループ管理者 : 管理者によるグループの作成と管理を許可するシステムの役割。
ユーザー管理者 : 管理者によるユーザーの作成と削除、ユーザーの詳細情報の更新を許可するシステムの役割。
ヘルプ デスク管理者 : ユーザー情報へのアクセスとパスワードの再設定権限が必要なサポートの問題に管理者が対処できるようにするシステムの役割。
サービス管理者 : 管理者によるサービスとアプリケーションの管理を許可するシステムの役割。

上記役割の他に独自の役割を作成してユーザーに設定することも可能です。

4. Google Apps 管理者権限の確認

「管理者の役割と権限」画面にて管理権限の有無が確認できます。全ての権限がある管理者には「特権管理者」、部分的な権限がある管理者には役割名が表示されます。

GoogleApps管理者権限の確認

関連記事