ユーザーのパスワードを再設定

Google Apps のユーザーがパスワードを忘れた場合、アカウントのセキュリティが侵害されている、またはその可能性がある場合に Google Apps の管理者はセキュリティ保護のため、ユーザーのパスワードをいつでも再設定することが可能です。

1. Google Apps 管理コンソールにログイン

Web ブラウザを開き、管理者権限をもっているユーザーアカウントで管理コンソール(admin.google.com)にログインします。ダッシュボードが表示されたら[ユーザー]アイコンをクリックします。

管理コンソールにログイン

2. パスワードを再設定するユーザーアカウントを選択

ユーザーアカウント一覧画面が表示されますので、名前、メールアドレスを変更するユーザー名にカーソルを合わせると表示されるユーザー情報内の[パスワードを再設定]をクリックします。

パスワードを変更するユーザーを選択

ユーザーを組織に分けて管理している場合は、画面右メニューからユーザー情報を変更するユーザーが属する組織を選択し、ユーザーアカウント一覧を表示します。

3. ユーザーのパスワードを再設定

[パスワード]項目に新しいパスワード、[パスワードの再入力]項目にも入力し、変更を確認します。
入力後、画面下の[パスワードを再設定]をクリックします。

[次回ログイン時にパスワードの変更を要求する]にチェックを入れると、管理者が設定したパスワードは初回ログイン時だけに有効な仮パスワードとして扱われ、ユーザー自身が再ログイン後に本パスワードを設定します。

パスワードを入力

パスワードを再設定した後、必ずユーザーに新しいログイン情報をお知らせください。

関連記事