Google Apps で複数のドメインを一元管理

Google Apps はマルチドメインに対応しているため、メインで使用しているドメインとは別のドメインを追加して使用することができます。ドメインの異なるグループ企業を 1つの Google Apps アカウントで管理したり、オンラインショップやオンラインサービスを別ドメインで運営している場合など、2つ以上のドメインを 1つの管理コンソールにて管理できます。異なるドメイン間での情報共有もシームレスに行うことができます。

Google Apps アカウントに追加できるドメイン数はドメインエイリアスとして追加した分と合わせて 20個です。

1. Google Apps 管理コンソールにログイン

Web ブラウザを開き、管理者権限をもっているユーザーアカウントで管理コンソール(admin.google.com)にログインします。ダッシュボードが表示されたら[▼ その他の設定]-[ドメイン]アイコンをクリックします。

管理コンソールにログイン

2. ドメインを追加

ドメイン設定画面にて[ドメインやドメイン エイリアスを追加]ボタンをクリックします。

ドメインエイリアスを追加

「ドメインやドメイン エイリアスを追加」画面にて[別のドメインを追加]を選択し、追加ドメイン名を入力後、[続行してドメインの所有権を確認]ボタンをクリックします。

追加ドメイン名を入力

3. 追加ドメインのドメイン所有権の確認

Google によるドメインの確認方法は、次の 4通りあります。

Google によるドメインの確認方法
  1. ドメイン名プロバイダ : 登録ドメインの DNS レコード(TXT レコード)を追加して確認する方法。
  2. HTML ファイルをアップロード : HTML ファイルを作成し、登録ドメインのウェブサーバーにアップロードして確認する方法。
  3. HTML タグ : 公開しているウェブサイトの HTML を編集してメタタグを追加して確認する方法。
  4. Google アナリティクス: 非同期スニペットを使用する Google アナリティクス トラッキング コードを利用する方法。
3 と 4 の方法は、Google Apps をご利用のドメイン名で Web サイトを公開している必要があります。
Google アナリティクスアカウントを使用する方法は、アナリティクス アカウントの管理者である必要があります。

このあとの Gmail の有効化を行う際にはドメインの DNS レコードを編集する必要がありますので、ここでは「1」の「ドメイン名プロバイダ」の方法でドメインの確認を行います。

ドメイン所有権の確認をおこなう手順が表示されます。「ドメイン レジストラまたはプロバイダを選択」の選択ボックスにて[その他]を選択すると「google-site-verification=…….」からはじまる固有の文字列が表示されますので、固有の文字列を後でまた確認できるようにしておき、Google Apps で使用するドメインを管理しているドメイン管理事業者(以下、ドメインホスト)の DNS 管理画面へ移動します。

ドメイン所有権の確認

ドメイン ホストの DNS 設定画面にて、管理コンソールに表示されている文字列を入力して TXT レコードの作成を行います。

種別(Type)は TXT 、指定先(Value)には Google Apps の管理者コントロールに表示されている「google-site-verification=…….」からはじまる固有の文字列を入力します。

ドメイン ホストでの TXT レコードの作成

ドメイン ホストで TXT レコードのを作成する際は、ドメイン管理画面の DNS レコード設定画面にておこないます。

日本最大のドメイン ホストである「お名前.com」の場合は、[ドメイン Navi]にログインして画面上部メニュー[ドメイン設定]- 画面左メニュー[DNS 関連機能の設定]からレコードを編集します。

お名前.comのDNS設定画面

DNS の設定方法についてご不明点などありましたら、ご利用のドメイン ホストにご確認ください。

ドメイン ホストの DNS 管理画面での設定が終わりましたら、Google Apps の管理コンソールに戻り、ページ下の[確認]をクリックします。

追加した TXT レコードが Google に認識されると、ドメイン エイリアスのドメイン所有権の確認が行われます。(この時点では追加ドメインのメールの受信は行われません。)

ドメイン所有権の確認が完了

追加した TXT レコードがインターネット上に反映するには(最長で)48時間程度かかる場合もあるため、ドメイン所有権の確認に失敗する場合がありますが、その場合は数時間おいてから再度[確認]をクリックしてください。

4. 追加ドメインのメールを有効化

追加ドメインのドメイン所有権の確認が完了したら、追加ドメインのメールを有効化してメールを受信できるようにします。

ドメイン設定画面にて[Google MX レコードを設定]リンクをクリックします。

メール設定を開始

メールの配信設定の画面にて[任意のホスティング サービス]が選択されていることを確認し、このあとの手順を確認します。

任意のホスティングサービスを選択

DNS の MX レコードを Google のメールサーバーに設定するため、今回追加したドメイン名が管理されているドメイン ホストにて DNS のレコード変更作業を行います。

5. ドメイン ホストにて MX レコードの変更

メールの配信設定の画面にて、以下の表のような DNS へ追加する MX レコードの内容が表示されますので、後でまた確認できるようにしておきながら、 ドメイン ホストの DNS 管理画面へ移動します。

種別 サーバーアドレス 優先順位
MX ASPMX.L.GOOGLE.COM. 10
MX ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 20
MX ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 20
MX ASPMX2.GOOGLEMAIL.COM. 30
MX ASPMX3.GOOGLEMAIL.COM. 30

ドメイン ホストの DNS 管理画面にて、Google Apps の管理コンソールに表示された MX レコードを追加します。
種別(Type)は MX 、指定先(Value)に指定の 参照先優先度をそれぞれ入力します。

DNS の設定方法についてご不明点などありましたら、ご利用のドメイン ホストにご確認ください。

6. 追加ドメインのメールの有効化を確認

ドメイン ホストの DNS 管理画面で MX レコードの設定が終わりましたら、Google Apps の管理コンソールに戻り、[指定された手順を完了しました]をクリックします。

指定された手順を完了しましたをクリック

ドメイン設定画面の MX レコードを確認中のステータス画面へ移ります。

MXレコードの設定を確認しています

7. 追加ドメインのメールの有効化が完了

MX レコードの確認が完了すると、ドメイン設定画面の追加ドメイン項目が「使用中」となり、追加ドメインのメールが受信できるようになります。

MXレコードの確認が完了

設定した MX レコードがインターネット上に反映するには数分から(最長で)48時間程度かかる場合もあります。(殆どのケースでは数時間程度で確認されております。)

8. 追加ドメインのにてメールアドレスを作成

メインで使用しているドメインとは別のドメインが追加されると、今後、「ユーザーの作成」「エイリアスの作成」「グループの作成」など、メールアドレスが作成される際には、どのドメインのメールアドレスを追加するかが選択できるようになります。

追加ドメインのにてメールアドレスを作成

関連記事