Google Apps を有効化(HTML ファイルによるドメイン所有権の確認)

Google Apps の利用を開始するには、ドメインの所有権を Google が確認する必要があります。(あなたがドメインの所有者であるかどうかの確認です。)ドメインの所有権が確認されると、Google Apps のサービス(Gmail での受信以外)が有効化されます。

ドメイン所有権の確認は Google Apps のサービスを有効化するための作業ですので、現在公開中のウェブサイトやご使用のメールアドレスがある場合も、それらに影響することはありません。

Google によるドメインの確認方法

Google によるドメインの確認方法は、主に次の 2つの方法があります。

  1. ドメイン名プロバイダ : ドメインの DNS レコードに TXT レコードを追加して確認する方法。
  2. HTML ファイルをアップロード : HTML ファイルを作成し、登録ドメインのウェブサーバーにアップロードして確認する方法。
2 の方法は、Google Apps をご利用のドメイン名で Web サイトを公開(www なしで)している必要があります。

Google Apps をご利用のドメイン名で Web サイトを公開(www なしで)している場合「2. HTML ファイルをアップロード」の方法でドメインの確認を行います。

1. Google Apps 管理コンソールへアクセス

はじめに、管理コンソール(admin.google.com)のログインページへアクセスします。
Google Apps 無料試用のお申し込み後に、ご連絡先メールアドレス宛にアカウント開設のお知らせが送信されますので、管理者ユーザーアカウント名と仮パスワードで管理コンソールにログインします。

管理コンソールへログイン

2. ドメイン所有権の確認用の HTML ファイルをダウンロード

ダッシュボードが表示されますので、[設定を開始 »]-[ドメインを確認]ボタンをクリックします。

ドメイン所有権の確認を開始

「ドメインを確認してください」と表示されますので、[確認を開始]をクリックします。

ドメインを確認してください

ドメイン所有権の確認画面が表示され、[別の方法]タブ -[HTML ファイルをアップロード]を選択すると、ドメイン所有権の確認をおこなう手順が表示されます。

手順 1 の[この HTML 確認ファイル]リンクをクリックすると「googlea…」からはじまる HTML ファイルがローカルにダウンロードされます。

HTMLファイルをダウンロード

3. HTML ファイルをウェブサーバーにアップロード

ダウンロードされた HTML ファイルをウェブサーバーの最上位にアップロードします。

4. Google Apps の管理コンソールでドメイン所有権を確認

HTML ファイルのアップロードが終わりましたら、Google Apps の管理コンソールに戻り、ページ下の[確認]をクリックします。

ドメイン所有権を確認

アップロードした HTML ファイルが Google に認識されると、ドメイン所有権の確認が行われ、Google Apps の各アプリケーションの利用が可能となります。(この時点ではドメインメールの受信は行われません。)

[続行]からダッシュボードに戻り、次の設定をおこないます。

ドメイン所有権の確認が完了

関連記事