社外(ドメイン外)ユーザーとのファイル共有を可能にする

Google Apps の初期設定では、Google ドライブのファイル共有設定は社内(ドメイン内)のみ有効となっており、社外(ドメイン外)のユーザーとファイルやフォルダを共有することはできません。社外(ドメイン外)ユーザーとファイル共有を行う場合は、Google Apps 管理者によりドメイン外のユーザーとファイルを共有する際の共有レベルを設定する必要があります。

1. Google Apps 管理コンソールにログイン

Web ブラウザを開き、管理者権限をもっているユーザーアカウントで管理コンソール(admin.google.com)にログインします。ダッシュボードが表示されたら[Google Apps]アイコンをクリックします。

管理コンソールにログイン

2. 外部とのファイル共有設定

Google Apps サービス設定画面にて[ドライブ]欄をクリックします。

Googleドライブをクリック

Google ドライブ設定画面にて[共有設定]欄をクリックします。

共有設定をクリック

2. 外部とのファイル共有設定

カレンダー詳細設定画面の「共有オプション」項目にて[ユーザーはこの組織の外部でドキュメントを共有できます]を選択し、必要に応じて公開設定オプションにもチェックを入れ、画面下の[変更を保存]をクリックします。

共有オプションの設定

Google ドライブの共有設定
  • ユーザーはこの組織外のユーザーとドキュメントを共有できません : ユーザーは組織外のユーザーをドキュメントの閲覧者/編集者として招待できません。
  • 組織の外部からドキュメントを受け取ることを許可する : ユーザーは組織外のユーザーとドキュメントを共有できません。ただし、組織外のユーザーによって作成されたドキュメントにアクセスすることはできます。このチェックボックスをオフにすると、ユーザーはドメイン外のドキュメント(ウェブ上で一般公開されている他のドメインからのドキュメントを含む)にアクセスできません。
  • ユーザーはこの組織の外部でドキュメントを共有できます : ユーザーは組織外のユーザーをドキュメントの閲覧者/編集者として招待できます。
  • ユーザーがこの組織外のユーザーと情報を共有する際に警告する : ユーザーが組織外と共有しようとすると確認のメッセージが表示されます。これにより、共有するドキュメントが機密文書でないか確認を促します。
  • ユーザーが外部の Google アカウントを使用していないユーザーと共有できるようにします : ユーザーは Google 以外のメール アカウントに共有の招待を個別に、またはメーリング リストを使用して送信できます。
上記設定は、Google ドライブのドキュメントのオンラインでの共有にのみ影響します。上記設定に関係なく、ユーザーはいつでもドキュメントをメールに添付して送受信できます。
関連記事