ユーザーの Cookie をリセットして不正アクセスを防ぐ

Google Apps の管理者によって、ユーザーの Cookie(クッキー)のリセットを行うことができます。Cookie(クッキー)のリセットを行うことで強制的にログインが必要な状態となり、万が一社員がコンピュータを紛失した場合、第三者による Google Apps アカウントへの不正アクセスを防ぐことが可能になります。

Cookie とは、訪れた Web サイトによって作成され、あなたのコンピュータに保存される小さなファイルです。Cookie には、あなたの使用する言語やログイン情報など、Web サイトのための設定が保存されます。

1. Google Apps 管理コンソールにログイン

Web ブラウザを開き、管理者権限をもっているユーザーアカウントで管理コンソール(admin.google.com)にログインします。ダッシュボードが表示されたら[ユーザー]アイコンをクリックします。

管理コンソールにログイン

2. ユーザーの Cookie をリセット

ユーザーアカウント一覧画面が表示されますので、Cookie をリセットするユーザーをクリックします。

Cookieをリセットするユーザーを選択

ユーザー詳細画面にて[プロフィール]欄をクリックします。

プロフィールを選択

プロフィール画面にてパスワード項目の[ログイン Cookie をリセット]をクリックします。

ログインCookieをリセット

「ログイン Cookie をリセット」画面にて[ログイン Cookie をリセット]ボタンをクリックすると、ユーザーの Cookie がリセットされ、全端末においてログアウト状態となります。

Cookieのリセットが完了

関連記事