特定のユーザーとサイトを共有

Google Apps の Google サイトで作成したサイトは、特定のユーザーと安全に共有することができます。共有されたユーザーは Google Apps アカウントもしくは Google アカウントでログインをおこなっている際のみにサイトにアクセスできます。

1. 特定のユーザーと共有したいサイトを表示

インターネット上に公開したいサイトを表示し、サイト画面右上にある[共有]ボタンをクリックします。

インターネット上に公開したいサイトを表示

2. 特定のユーザーとサイトを共有

サイトの管理画面が表示されるので、サイトのツリー構造欄にて最上位の[サイト -(サイト名)]をクリックします。
次に「招待」項目の入力ボックスにメールアドレス(組織内の共有では名前でも可能)やグループメールを入力します。複数のユーザーと共有する場合は、コンマ(,)でメールアドレスを区切って入力します。

特定のユーザーとサイトを共有

入力した共有ユーザーの共有権限を選択します。

  • 閲覧できる : ユーザーはサイトを表示できます。
  • 編集できる : ユーザーはサイトのデザインとコンテンツを変更できます。
  • オーナー : サイトのデザインとコンテンツを変更できるほか、サイトの削除やオーナーの追加など、管理に関する変更も行えます。

共有ユーザーの共有権限を選択

共有ユーザーに、サイトが共有されたことを伝える通知メールを送らない場合は、「メールで通知」のチェックを外します。通知メールを送る場合、自分にも通知メールのコピーを送る場合は、「自分宛にコピーを送信する」にチェックをいれます。
[送信](通知を送らない場合は[OK])をクリックすると、共有ユーザーが追加され、サイトが共有されます。

共有して保存

3. アクセスできるユーザーリストで共有を確認

「アクセスできるユーザー」項目に共有ユーザーが追加されているのを確認し、[<(サイト名)]をクリックします。
共有ユーザーの追加や解除、共有権限の変更は、共有設定の画面からいつでも可能です。

共有ユーザーが追加されているのを確認

関連記事