Google Apps 管理コンソール

Google Apps の管理コンソールは直感的な操作ができるように設計されておりますので、専門的な知識のない方でも管理者になり各設定を管理することができます。大企業のシステム管理者の場合は日々のメールサーバーの管理やセキュリティパッチの更新から解放されます。中小企業の場合は代表の方や総務の方などが管理者を兼任することも容易です。

Google Apps 管理者が個々のユーザーアカウントに対してできること

Google Apps 管理者が管理コンソールで個々のユーザーアカウントに対して、主に以下のことができます。

  • 新規ユーザーアカウントの作成。(購入しているアカウント数の範囲内で。)
  • ユーザーアカウントの停止と削除。
  • ユーザーアカウントの名前、アカウント名(メールアドレス)の変更。
  • パスワードの変更。(次回ログイン時にパスワードの変更を要求することも可能です。)
  • 管理権限を与える。(複数の管理者で Google Apps の管理を行うことが可能です。)
  • 使用メール容量の確認。
  • Google Apps 及び Google サービスの利用を制限。
  • メールの送受信先を制限。
  • ユーザーが所有している全ての Google ドキュメントファイルを別のユーザーアカウントに移行。

Google Apps 管理者が一括でできること

Google Apps 管理者が管理コンソールでドメインアカウントに対して、主に以下のことができます。

  • Google Apps 各アプリケーションの共有権限の設定。
  • 複数のユーザーアカウントをまとめて作成、更新。
  • 複数のユーザーアカウントのパスワードを変更。(次回ログイン時にパスワードの変更を要求することも可能です。)
  • ドメイン全体もしくは一部ユーザーアカウントのメールを他のメールサーバーへ転送。(二重配信)
  • ドメイン全体もしくは一部ユーザーアカウントのメールの送信先を制限。
  • グループ(メーリングリスト)の作成、管理。
  • 高度なメールフィルタリング機能の設定。
  • チャット機能をドメイン全体で使用停止にしたり強制的にオフレコに設定できます。
  • シングルサインオン(SSO)サービスの設定。
まずはこちらから Google Apps をお試しください。
現メールシステムとの併用もできます。
Google Appsの申し込みはこちら

Google Apps の導入前の
ご相談はこちらから。

GoogleAppsお問い合わせ

導入事例などの
各種資料をダウンロード。

GoogleAppsお問い合わせ