署名の設定

Google Apps の Gmail 初期設定では、署名項目は空白になっています。必要に応じて編集する事が可能ですので、社名および個人名などの署名を入力する事が可能です。

1. メール設定を表示

Gmail 画面右上の[オプション(ギアマーク)]-[メール設定]をクリックし、メール設定画面の「全般」タブを表示します。

"署名の設定を表示

2. 署名を入力する

「署名:」項目にて入力ボックス側のラジオボタンにチェックを入れ、テキストボックスに署名を入力します。入力が終わったら画面最下部までスクロールして[変更を保存]をクリックします。

署名を入力

3. 署名を確認する

画面左のメニューから[メールを作成]をクリックし、新規作成メールに署名が挿入されるか確認をします。

署名の確認

署名は 1つのメールアカウントにつき 1つ設定することが可能です。1つのメールアカウントで複数の署名を使用したい場合は、署名を設定せずに空白のままにしておき、テンプレート(返信定型文)を作成して使用することにより、複数の署名のように使い分けることができます。

署名の前に挿入される「 — 」を消すには

通常の方法で署名を作成すると、メールを新規作成した際に署名の一行前に「 — 」が自動的に挿入されますので、必要のない場合は「 — 」を消す設定をします。

Gmail 画面右上の[オプション(ギアマーク)]-[Labs]をクリックし、「Labs」タブの中の「別スタイルの署名」を有効にし、[変更を保存]をクリックします。

別スタイルの署名の設定

「別スタイルの署名」を有効にすることにより、「 — 」が自動で挿入されなくなるとともに、返信メールを作成する際に通常では元のメッセージの後に挿入される署名を、元のメッセージの前に挿入される様になります。

別スタイルの署名を有効にする

「Labs」は実験的な機能をテストする場であり、ここにある機能は随時変更、中断、提供中止されることがあります。
複数の署名を使用するには

Gmail で複数のメールアカウントを管理している場合は、それぞれのメールアカウントごとに署名を作成して使用することが可能です。

メールアカウントごとに署名を設定

関連記事