下書きのメールを保存する

Gmail では書きかけのメールを一時的に保存したり、作成した定型文書(挨拶状など)を下書きとして保存しておくことが可能です。Gmail では、数分ごとに自動で保存されるため、作成中のメッセージを失う心配はありません。

下書き内のメールの保存容量も 1ユーザーあたり 25GBの容量内に含まれます。

1. [新規メール作成画面]を表示

Gmail 画面左側にある[メールを作成]ボタンをクリックして[新規メール作成画面]を表示します。

メールを作成を選択

2. To(宛先)、件名、本文を入力

各項目に入力後もしくは入力途中に、[すぐに保存]をクリックすると下書きに保存されます。

すぐに保存を選択

3. 下書きに保存完了

サイドバー「下書き」に保存が完了されました。下書きのメールをクリックすることで再編集することが可能です。

下書きに保存が完了

関連記事