Microsoft Outlook のデータを Google Apps へ移行

「Google Apps Migration for Microsoft Outlook」を使用すると、Microsoft Outlook のデータを非常に簡単に Google Apps へ移行する事が可能です。「Google Apps Migration for Microsoft Outlook」は、Microsoft Outlook 上のメール、連絡先、カレンダーのデータを Google Apps への正確に移行するプラグインです。
Microsoft Outlook から Google Apps への一方向のデータ移行のため、主に今後は Microsoft Outlook を使う予定のないユーザーが対象となります。

今後も Microsoft Outlook を使う場合は、移行ツール「Google Apps Migration for Microsoft Outlook」ではなく同期ツール「Google Apps Sync for Microsoft Outlook」をインストールします。

【Windows のシステム要件】

  • Windows XP(32 bit)SP3
  • Windows Vista(32 and 64 bit)SP1
  • Windows 7(32 and 64 bit)
  • Windows 8 (32 and 64 bit)

【Microsoft Outlook のシステム要件】

  • Microsoft Outlook 2003® SP3
  • Microsoft Outlook 2007® SP2(または SP1 とこちらの修正プログラム
  • Microsoft Outlook 2010®(32 and 64 bit)
  • Microsoft Outlook 2013® (32 and 64 bit. ※注 Click-to-Run 版はサポートしておりません)
管理コンソールでの許可設定

Google Apps 管理者は管理コンソールの[Google Apps]アイコン -[Gmail]-[ユーザー設定]「ユーザー メールのアップロード」項目の[ユーザーが Email Migration API を使用してメールをアップロードできるようにします]をオンにして[変更を保存]をクリックします。

管理者がメールのアップロードを許可

1. Google Apps Migration for Microsoft Outlook をインストール

ダウンロードページにおいて[Download Migration Tool]をクリックしてダウンロードします。
ダウンロードした「OutlookMigrationSetup.exe」を実行するとインストールが開始されます。

Google Apps Migration for Microsoft Outlookをダウンロード

2. Google Apps Migration for Microsoft Outlook を実行

ダウンロードした[OutlookMigrationSetup.exe]を実行し、データのアップロードを行うアカウントへログインします。

Google Apps で使用しているメールアドレスとパスワードを入力し[続行]をクリックします。

Google Appsアカウントにログイン

データ移行元の Microsoft Outlook ユーザープロファイルを選択します。初めて移行する場合は[すべてのデータを移行]を、2回目以降で未移行のデータのみを移行する場合は[新しいデータのみを移行]を選択して[次へ]をクリックします。

ユーザープロファイルを選択

Microsoft Outlook から Google Apps へ移行するデータを選択し、[移行]ををクリックします。特定の日付より前または後に送信したメールのみを移行することも可能です。

移行するデータを選択して移行

移行ステータスが表示され、移行が開始されます。

移行ステータス

インポートできるデータの種類

次のデータを現在のソースファイルのプロファイルまたはPSTからインポートすることができます。

  • カレンダー : Outlook からスケジュールを移行します。
  • 連絡先 : 個人の連絡先を移行します。
  • メール メッセージ : [削除済みアイテム][迷惑メール]およびパブリックフォルダを除き、すべてのフォルダを移行します。
  • 迷惑メール : [迷惑メール]を移行します。
  • 削除済みのアイテム : [削除済みアイテム]を移行します。
関連記事