よくある質問

企業から Google Apps に関してよく寄せられる質問とその回答です。Google Apps のサービス詳細についてはこちらGoogle Apps の使い方についてはこちらをご覧下さい。

Google Apps の導入について

お申し込みから運用開始までどれくらいかかりますか?

Google Apps for Business 30日間の無料試用をお申し込みいただいた場合は、お申し込み内容に不備がなければ 24時間以内に Google Apps 管理者アカウント情報をお送りいたします。
Google Apps 管理者アカウントでコントロールパネルにアクセスして「ドメイン所有権の確認」「ユーザーアカウントの作成」「Gmail の有効化」や各種アプリケーションの設定を行います。
また、その他にも Google Apps を導入する旨をユーザーへ通知したり、必要に応じて使い方のトレーニングをおこないます。

お申し込みから運用開始までは Google Apps を導入する規模(ユーザーアカウント数)にもよりますが、2日〜となります。現システムとの計画的な並行運用を行う場合は数ヶ月をかけて導入することもあります。

対応地域はどちらになりますか?

日本全国対応いたします。また、国外の日本企業にも対応いたします。

海外支店にも導入したいのですが?

Google Apps は多くの言語に対応しています。ユーザーごとに言語の設定がおこなえる上、翻訳機能も備えています。

・Gmail のインターフェースは次の言語で利用できます。
アラビア語、ベンガル語、ブルガリア語、カタロニア語、クロアチア語、チェコ語、デンマーク語、オランダ語、エストニア語、フィンランド語、フランス語、ドイツ語、ギリシア語、グジャラト語、ヘブライ語、ヒンディー語、ハンガリー語、アイスランド語、インドネシア語、イタリア語、日本語、カンナダ語、韓国語、ラトビア語、リトアニア語、マレー語、マラヤーラム語、マラーティー語、ノルウェー語、オリヤ語、ポーランド語、ポルトガル語(ブラジル、ポルトガル)、ルーマニア語、ロシア語、セルビア語、中国語(簡体字)、スロバキア語、スロベニア語、スペイン語、スウェーデン語、タガログ語、タミル語、テルグ語、タイ語、中国語(繁体字)、トルコ語、英語(イギリス)、英語(アメリカ)、ウクライナ語、ウルドゥー語、ベトナム語

・Google カレンダーのインターフェースは次の言語で利用できます。
中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、英語(イギリス)、デンマーク語、オランダ語、フィンランド語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語(ブラジル)、ロシア語、スペイン語、スウェーデン語、トルコ語
※ 予定は上記以外の言語でも表示、入力できます。

・Google トークのインターフェースは次の言語で利用できます。
イタリア語、英語(アメリカ)、英語(イギリス)、オランダ語、韓国語、スペイン語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、ドイツ語、トルコ語、日本語、フランス語、ポルトガル語、ロシア語

導入するのに不安があるのですが?

現在ご利用のメールシステムから Google Apps へ移行の場合など、ご不安がある場合は綿密な打ち合わせ、スケジュールのもとしっかりと導入をサポートさせていただきます。また、代行セットアップも承りますので、お気軽にGoogle Apps for Business 30日間の無料試用をお申し込みください。

会社の規定上、Google Apps を導入するために書面で契約を交わす必要があるのですが?

Google Apps を導入される際に契約書や覚書を書面で交わす必要がある場合は、対応させていただきます。

従業員の入れ替わりのたびに新しいアカウントを購入する必要があるのでしょうか?

その必要はありません。購入していただいたユーザーアカウント数を上限としてアカウントを削除したり作成したりできます。スタッフの入れ替わりが激しい組織でも柔軟にアカウントを再利用できます。

離職したスタッフのアカウントを削除すると、そのアカウントのデータは削除されます。

個人事業主でも Google Apps for Business の導入は可能ですか?

はい、可能です。Google Apps for Business は個人や個人事業主の方もお申し込みいただけます。

どのくらいの組織の規模まで Google Apps の導入は可能ですか?

Google Apps for Business は数万人規模の企業への導入実績が多数あります。Google 自身も全世界 2万人以上の従業員で Google Apps を使用しています。国内での例を挙げると、ソフトバンクグループで約 2万6000人の従業員が Google Apps を利用しています。また、教育機関向けの Google Apps for Education では、日本大学で 10万人以上のユーザーをはじめ、非常に多くの大学で導入されています。

従業員が 1人でも Google Apps for Business の導入は可能ですか?

はい、可能です。1人の場合でもモバイルとの連携など、様々な場面で活躍する機能がたくさんあります。

「info@ドメイン名」などの顧客対応用のアカウント分も購入する必要がありますか?

企業やオンラインショップなどを運営していると、「info@ドメイン名」や「contact@ドメイン名」といったメールアカウントを使用していると思いますが、Google Apps 導入の際に、ユーザーアカウントとして購入する必要はございません。

1人の方が管理するのであれば、ニックネームとしてメールアドレスを追加するか、複数人で管理するのであれば、グループとしてメールアドレスを追加することで対応が可能です。

ドメインを取得していませんが Google Apps for Business 30日間の無料試用は可能でしょうか?

はい、テストドメインにて無料試用が可能です。こちらからお申し込みください。

価格・支払いに関して

お支払い方法を教えてください。

Google Apps Authorized Reseller である当ウェブサイトからお申し込みいただくと、銀行振込・クレジットカードでのお支払いが可能です。

以下の銀行へのお振り込みによるお支払いが可能です。bank

以下のクレジットカード(JCB、AMEX、VISA、MASTER)がご利用いただけます。card

Google に直接申し込んだ場合のお支払い方法はクレジットカード払い(VISA、MASTER)のみです。
領収書の発行は可能でしょうか?

はい、可能です。お申し込みの際もしくは弊社担当者とのメール連絡の際にお申し付け下さい。

見積り書や請求書などの発行も可能な限り対応させていただきます。

Google Apps の支払い方法をクレジットカード払いから銀行振り込みへ変更したいのですが?

以前に Google に直接 Google Apps を申し込んでクレジットカードでのお支払いをしているお客様で、お支払い方法を銀行振り込みへ変更したい場合や Google Apps Authorized Reseller から各種サポートを受けたい場合は、こちらからお問い合わせ下さい。すでに課金が始まっているお客様が Google Apps Authorized Reseller へ乗り換えられる場合は、Google へお支払いいただいた利用料金の残月分はお客様に返金されます。

Google Apps について

Google Apps の仕組みについて教えてください。

Google Apps はウェブベースのホスティング型ソリューションです。そのため、インターネットに接続できる環境があれば、いつでもどこからでも Google Apps にアクセスできます。この種の技術は「SaaS(Software as a Service)」または「クラウド コンピューティング」と呼ばれており、IT アプリケーションをサービスとしてインターネット経由で提供するコンピューティングモデルです。ユーザーはインターネット(つまりクラウド)からアプリケーションにアクセスし、アプリケーションをサポートするインフラストラクチャを維持する必要がありません。このモデルをわかりやすく説明するのであれば、企業や個人が使用する電気は電力会社によって提供、管理されており、利用者自身が自宅やオフィスで個々に発電を行うわけではないことと同じです。

Google Apps では、データとアプリケーションは、高い安全性、拡張性、信頼性を備えた Google のデータセンターから供給されます。Google は実際に自社のデータセンターをゼロから構築したため、世界的に見てもサーバーあたりのコストが非常に低いインフラストラクチャを構築することができました。このコスト削減効果により、Google Apps をお客様に低コストでご利用いただけます。IT インフラストラクチャのコストと、社内アプリケーションの維持に必要な労力を削減することができ、企業はより戦略的な IT プロジェクトに集中することができます。

また、Google Apps はウェブベースであるため、従業員は自分のデスクにいるか、別のコンピュータを使用しているか、携帯端末を持って移動中であるかにかかわらず、どこにいても効率的に業務を行うことが可能です。

Google.com より引用(引用元を表示

クラウドコンピューティング

セキュリティは安心できるものですか?

Google は世界最高レベルのセキュリティを備えています。Google Apps のアプリケーション内で作成もしくはアップロードされたデータや Gmail のメールデータへ Google の従業員や第三者がアクセスすることはありません。また厳格なデータ保護ポリシーにより、Google の従業員が不必要にデータへアクセスする事がないよう明確なルールを設けています。

詳細については、こちらをご覧ください

どのようなサポートが受けられますか?

Google Apps は信頼性が高く、操作も簡単ですが、管理者に対するサポートを提供しています。

当サイトからお申し込みいただくことにより、Google Apps Authorized Reseller である Crucial Works から以下のサポートを提供させていただきます。(Google 認定スペシャリストが対応)
・導入までの運用までのご相談
・既存のグループウェアからの移行サポート
・継続的な運用サポート
・社内トレーニングのサポート
・電話サポート
・迅速な対応のメールサポート
オンラインドキュメント
詳しくはこちら

Google による直接サポートには以下のオプションが含まれています。
・重大な問題に対する電話サポート ※
・メールサポート

Google Apps のシステムの状況は確認できますか?

Google Apps ステータスダッシュボードでいつでも Google Apps サービスのパフォーマンス情報を確認できます。

gmail.com などの個人向け Google サービスとは何が違うのですか?

Google Apps for Business と個人向け Google サービスの主な違いはコチラをご覧ください。

Google Apps Premier Edition とは違うのですか?

企業向けサービスである Google Apps Premier Edition は 2010年11月22日より名称が Google Apps for Business に変更されました。尚、教育機関向けの Google Apps Education Edition は Google Apps for Education に名称変更されています。

Google Apps は Microsoft Outlook などのクライアントと一緒に使用できますか?

Google Apps は Outlook やその他のアプリケーションクライアントと一緒に使用できるので、バックエンドでは Google Apps のサーバーが稼働しながら、フロントエンドではスタッフが使い慣れたインターフェースを引き続き使用できます。

詳細については、こちらをご覧ください

Google Apps の Gmail には送信メール数に制限はありますか?

現在、各ユーザーアカウントで 1日あたり 2,000通を外部受信者にメールを送信できます。これは Google システムの悪用と迷惑メールを防止するための制限です。メールアカウントが制限に達した場合は、一時的にメールを送信できなくなります。詳しくは、「Gmail とは」をご参照下さい。

Gmail や Google カレンダーなどの各サービスで、画面上不具合が起こった際の対処方法はありますか?

Google Apps をご利用のブラウザのキャッシュおよび Cookie をクリアした上で、ブラウザを再起動して下さい。

まずはこちらから Google Apps をお試しください。
現メールシステムとの併用もできます。
Google Appsの申し込みはこちら

Google Apps の導入前の
ご相談はこちらから。

GoogleAppsお問い合わせ

導入事例などの
各種資料をダウンロード。

GoogleAppsお問い合わせ