特定のユーザーとアイテムを共有

Google ドライブでは、メールに添付できないような大容量のファイルも他の複数のユーザー間で簡単に共有することができます。
ファイル・フォルダ単位で共有することができ、フォルダを共有するとフォルダ内のアイテムすべてが共有されます。

組織内の重要なデータは、特定のユーザーを指定して、そのユーザー間のみで安全に共有が可能です。

1. 共有するアイテムを選択

マイドライブなどのファイルリストを表示し、共有したいアイテムを選択(複数可)して[共有アイコン]をクリックします。

共有するファイルを選択

共有したいアイテムを選択(複数可)して[右クリック]-[共有アイコン]をクリックしても同様です。

右クリックから共有

ファイルのプレビュー画面も共有が可能

ファイルの共有は、プレビュー画面からもおこなうことができます。

プレビュー画面からファイルを共有

2. 共有ユーザーを追加してファイルを共有

「他のユーザーと共有」画面が表示されるので、[ユーザーを追加]の入力ボックスにメールアドレス(組織内の共有では名前でも可能)やグループメールを入力し、共有権限を選択し、[送信]ボタンをクリックするとファイルが共有されます。複数のユーザーと共有する場合は、コンマ(,)でメールアドレスを区切って入力します。

  • 編集者 : ファイルの閲覧、コメント、共有相手の追加・権限の変更をすることが出来ます。(ファイルが Google ドキュメント形式の場合は編集ができます。)
  • コメント可(共有ファイルが Google ドキュメントの場合のみ) : ファイルの閲覧、コメントが出来ます。
  • 閲覧者 : ファイルの閲覧のみ出来ます。Google ドライブ上で閲覧のできないファイル形式の場合は、ダウンロードができます。

共有ユーザーを追加

3. ファイルリストで共有を確認

共有されているファイルは、ファイルリストではファイル名の右側に「共有アイコン」が表示されます。

ファイルリストでファイルの共有を確認

共有されているフォルダは、ファイルリストではフォルダ内に「共有アイコン」が表示されます。

ファイルリストでフォルダの共有を確認

4. 共有ユーザーの追加や解除、共有権限の変更

共有ユーザーの追加や解除、共有権限の変更は、共有設定の画面からいつでも可能です。共有しているファイル(もしくはフォルダ)を選択して[共有アイコン]をクリックし、「他のユーザーと共有」画面右下の[詳細設定]をクリックします。

共有の詳細設定

共有設定画面が表示されます。「アクセスできるユーザー」項目の最上部がこのファイルの「共有範囲」となります。特定のユーザー間のみでアイテムを共有する場合は、[特定のユーザーがアクセスできます]から変更しません。

ファイルの共有範囲

「アクセスできるユーザー」欄の 2段目から下には現在このファイルにアクセスできるユーザーが表示されています。ここから共有ユーザーの権限の変更や共有解除がおこなえます。

実際にアクセスできるユーザー

関連記事