ファイルを共有

Google ドライブでは、メールに添付できないような大容量のファイルも他の複数のユーザー間で簡単に共有することができます。

1. 共有するファイルを選択

マイドライブなどのファイルリストを表示し、共有したいファイルを選択(複数可)して[共有アイコン]をクリックします。

共有するファイルを選択

ファイルのプレビュー画面も共有が可能

ファイルの共有は、プレビュー画面からもおこなうことができます。

プレビュー画面からファイルを共有

2. 共有ユーザーを追加してファイルを共有

共有設定の画面が表示されるので、「ユーザーを追加」項目の入力ボックスにメールアドレス(組織内の共有では名前でも可能)やグループメールを入力します。複数のユーザーと共有する場合は、コンマ(,)でメールアドレスを区切って入力します。

共有ユーザーを追加

入力したユーザーの共有権限を選択します。

  • 共同編集者 : ファイルの閲覧、コメント、共有相手の追加・権限の変更をすることが出来ます。(ファイルが Google ドキュメント形式の場合は編集ができます。)
  • 閲覧者(コメント可) : ファイルの閲覧、コメントが出来ます。Google ドライブ上で閲覧のできないファイル形式の場合は、ダウンロードができます。
  • 閲覧者 : ファイルの閲覧のみ出来ます。Google ドライブ上で閲覧のできないファイル形式の場合は、ダウンロードができます。

ユーザーの共有権限を選択

共有ユーザーに、ファイルが共有されたことを伝える通知メールを送らない場合は、「メールで通知」のチェックを外します。通知メールを送る場合、自分にも通知メールのコピーを送る場合は、「コピーを自分に送信する」にチェックをいれます。
[共有して保存]をクリックすると、共有ユーザーが追加され、ファイルが共有されます。

共有して保存

「アクセスできるユーザー」項目に共有ユーザーが追加されているのを確認し、[完了]をクリックします。
共有ユーザーの追加や解除、共有権限の変更は、共有設定の画面からいつでも可能です。

共有ユーザーを確認

3. ファイルリストで共有を確認

共有されているファイルは、ファイルリストではファイル名の右側に「共有中」と表示されます。

ファイルリストで共有を確認

関連記事