フォームを作成する

Google ドキュメントのフォームは専門の知識なしで非常に簡単に作成する事ができます。満足度調査や社内アンケートなど、様々な用途に利用できます。
解答はスプレッドシートに収集されるのでグラフ化しやすく、他のツールにデータを移すことなく分析まで実現できます。

1. フォームを新規作成

Google ドライブ画面左上の[作成]ボタン – [フォーム]をクリックします。

フォームを新規作成

フォームの題名を入力し、テーマを選択して[OK]ボタンをクリックします。

フォームのタイトルを入力

2. フォームの編集

フォームが作成され、編集画面が表示されるので、アイテムを編集します。[アイテムを追加 ▼]ボタンからアイテムを追加し、編集します。作成したアイテムの順番はドラッグ&ドロップで変更することができます。

アイテムを編集

フォームの設定

フォームの編集画面上部の「フォームの設定」は次のような機能となります。

このフォームを表示する際に(組織名)へのログインを求める: フォームの表示を社内に限定限定する場合にオンにします。

自動的に回答者の デモアカウント ユーザー名を取得する: オンにすると回答者のユーザー名を自動で解答に追加します。

フォーム ページの下部にステータス バーを表示: フォーム下部にプログレスバーを表示する場合はオンにします。複数ページにわたるフォームの場合に推奨。

フォームの設定

確認ページ

フォームの編集画面下部の「確認ページ」は次のような機能となります。

入力ボックス:

フォームの確認ページに表示される文章を入力します。

別の回答を送信するためのリンクを表示: 同一ユーザーがこのフォームに複数回の解答を許可する場合にオンにします。

このフォームの結果へのリンクをすべての回答者に公開して表示する: オンにすると回答者全員がフォームの集計を閲覧できます。

回答者に送信後の回答の編集を許可: 回答者はフォームの回答を編集することができます。回答の編集は、確認メールから行う方法と、フォーム送信の確認ページから行う方法の 2つがあります。

フォームの設定

3. フォームをプレビュー

作成しているフォームは編集画面上部の[ライブ フォームを表示]ボタンから実際のフォームを確認することができます。

フォームをプレビュー

フォームのプレビュー画面

4. 回答先のスプレッドシートを作成

フォームの解答が記録されるスプレッドシートを作成します。既存のスプレッドシートを指定することも可能です。編集画面上部の[回答先を選択する]ボタンをクリックします。

回答先を指定

回答先のスプレッドシートを作成もしくは選択し、[作成]ボタンをクリックします。

回答先のスプレッドシートを作成

Google ドライブのファイル リストを確認すると、フォームとは別に回答先のスプレッドシートが作成されています。

フォームとは別に回答先のスプレッドシートが作成

関連記事