Google ドキュメントファイルを Web サイトに埋め込む

Google ドキュメントで作成したファイル(ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーション、図形描画)は、Web サイトやブログ、Google サイトなどに簡単に埋め込んで使用することができます。Google ドキュメント ファイルを更新すると埋め込んだデータはリアルタイムで反映するため、頻繁に更新が必要な表データなどに利用することで作業効率が格段に向上します。

一般公開されている Web サイトに Google ドキュメントファイルを埋め込む場合は、ファイルをインターネット上に公開する必要があります。

1. Web サイトに埋め込むファイルを表示

Web サイトに埋め込むファイルを表示し、[ファイル]メニュー -[ウェブに公開]をクリックします。

Webサイトに埋め込むファイルを表示

2. Web サイト埋め込み用コードを表示

「ウェブに公開」画面の[一般公開開始]ボタンをクリックします。

フォーム埋め込み用HTMLソースを表示

「ウェブに公開」画面に表示されている埋め込みコードをコピーして[閉じる]ボタンをクリックします。

埋め込みコードをコピー

3. Web サイトに Google ドキュメントファイルを埋め込み

Web サイトやブログに先ほどコピーした埋め込みコードを貼り付けると、Google ドキュメントファイルを埋め込むことができます。

埋め込むファイルのサイズを調整する場合は、次の方法で行います。埋め込みファイルを幅 600px × 高さ 300pxとしてかつ枠線を表示しないようにするには、埋め込みコード

<iframe src=”https://docs.google.com/・・・・・・・・・・></iframe>

の「iframe」と「src」の間に「width=’600′ height=’300′ frameborder=’0’」を追加し、

<iframe width=’600′ height=’300′ frameborder=’0′ src=”https://docs.google.com/・・・・・・・・・・></iframe>

とします。

Google ドキュメントファイルの埋め込み例

実際に埋め込んだスプレッドシートです。

関連記事