Google ドキュメントをオンラインストレージとして利用

Google ドキュメントには、ドキュメントファイル、画像ファイル、MP3 形式等の音楽ファイル、動画ファイル、ファイルを入れたフォルダを圧縮した ZIP 形式、lzh 形式のファイルなど、あらゆる形式のファイルがアップロード可能です。アップロードしたファイルは、オンライン上で安全に保管されるだけでなく、他のユーザーとファイルの共有をしたり、ファイルを閲覧したり、Google ドキュメント形式に変換して編集することができます。また、Google ドキュメントからのダウンロードも Web が利用できる環境ならどこでも可能です。

オンラインストレージとは、サーバ上のディスクスペースを、Web 経由で貸し出すサービスのことです。

1.[アップロード]を表示

Google ドキュメントの画面左メニュー上部の[アップロード]をクリックします。

アップロードをクリック

2. アップロードするファイルの選択

アップロード用の画面に移動しますので、アップロードするファイルをドラッグ&ドロップするか、[アップロードするファイルを選択]をクリックしてファイルを選択します。複数のファイルを一度にアップロードすることも可能です。

アップロードできるファイルサイズは最大 1GB です。
Google Apps のドキュメントストレージ容量は 1ユーザーあたり 1GBです。
ドラッグ&ドロップでのアップロードに対応しているブラウザは、現時点では「Chrome」「Firefox」「Safari」となります。

アップロードするファイルを選択

3. ファイルのアップロード

アップロード用の画面に選択したファイルが表示されていることを確認します。ファイルが表示されているのが確認できたら、アップロード先のフォルダを選択し、共有設定を選択します。フォルダと共有設定は後からでも設定、変更が可能です。[アップロードを開始]をクリックすると、アップロードが始まります。

ファイルが追加されたか確認

4. アップロードされたファイルの確認

Google ドキュメントのファイル一覧で、アップロードしたファイルが表示されていることを確認します。

アップロードされたかを確認

関連記事