2011年3月11日の東日本大震災は、多くの企業にとって IT 環境をも見直すきっかけとなりました。すでに多くの企業が Google Apps for Work の導入により生産性の向上や IT コストの削減を実現していますが、震災時にはデータの保護や効率的な従業員の安否確認など、クラウドコンピューティングの恩恵を受けることができました。Google Apps for Work は世界でトップクラスの安全性と 99.9% の稼働率が保証されています。
Googleのデータセンター

Google のサーバーの強み

Google Apps のデータは世界各地(場所は非公表)のデータセンターに分散されており、バックアップも複数箇所で行われています。このため、東日本大震災の際も全く影響は受けませんでした。万が一、日本全体が停電になってもデータは失われません。

自宅待機が自宅勤務に

自宅待機が自宅勤務に

災害時には交通手段が断たれてしまうことがあります。Google Apps は自宅でも安全にアクセスができ、メールやチャットで社内同様に他の従業員とコミュニケーションをとれ、共同作業をおこなうことができます。場所に縛られないので、業務の効率化にも繋がります。

GoogleAppsで安否確認

効率的な安否確認

Google Apps はスマートフォンや携帯電話からもアクセス可能。小規模事業者であればメーリングリストを作成して素早く安否確認が行えます。中大規模事業者は安否確認のフォームを素早く作成し、部署や事業所ごとのチームリーダーが状況を把握できるようにします。

ファイルを安全に保護

ファイルを安全に保護

Google ドライブはあらゆる種類のファイルを安全に保管、共有することができます。PC の破損や紛失でデータを失いません。また、文書や表計算、プレゼンテーションをブラウザから新たに作成、編集し、他ユーザーと共有や共同編集を行うことも可能です。

GoogleAppsのアプリケーション

Google Apps アカウントで、上記 6つのアプリケーションの他に 60を超える Google のサービスがご利用できます。(ユーザーの利用アプリケーションは管理者により制御可能です。)
現メールシステムとの併用もできます。
Google Appsの申し込みはこちら

Google Apps の導入前のご相談はこちらから。

GoogleAppsお問い合わせ

導入事例などの各種資料をダウンロード。

GoogleAppsお問い合わせ