カレンダーを組織内のユーザーに公開する

Google Apps の Google カレンダーは特定のユーザーを指定してカレンダーを共有したり、組織内にカレンダーを公開して、他のユーザーが自由にカレンダーを追加して共有をおこなうことが可能です。

1. カレンダー共有の設定画面を表示

Google カレンダーの画面左側のマイカレンダーリストから、共有したいカレンダー右側の[▼]をクリックし、[このカレンダーを共有]を選択します。

このカレンダーを共有を選択

2. カレンダーを組織内に公開

「このカレンダーを他のユーザーと共有する」にチェックを入れると、自動でその下にある「このカレンダーを組織(ドメイン名)のすべてのユーザーと共有する」にチェックが入るので、権限を設定して[保存]をクリックするとカレンダーが公開されます。

カレンダーを組織内に公開

公開されたカレンダーは、組織内の Google Apps ユーザーがそれぞれ自分の Google カレンダーに共有して閲覧等をおこなうことができます。

最適なカレンダー共有のための権限の設定方法

カレンダーの公開時に 2種類の権限を設定できます。

  • 「閲覧権限(すべての予定の詳細)」はスケジュールの編集ができず、閲覧のみが可能です。通常はこの権限を利用します。
  • どの時間にスケジュールが入っているかを知らせたいが、何のスケジュールかは見られたくない、という相手には「予定の時間枠のみを表示(詳細を非表示)」を設定します。この権限で共有された相手は、カレンダーのスケジュールが入っている枠のみが表示され、スケジュールの名前や詳細は見ることができません。
関連記事