スケジュールの招待状を送信する

Google カレンダーには、スケジュールを他のユーザーにメールで知らせて出欠を確認する「招待」という機能があります。複数ユーザーでの共通のスケジュールを設定したり、会議や打ち合わせなどの案内を送るときなどに使用します。

1. ゲストを追加

招待状を送信したいスケジュールをクリックし[予定の詳細を編集 »]をクリックします。

招待状を送信したいスケジュールを選択

招待の制限数

現在のところ、スケジュールに招待できるのは 500人までです。500人を超えるゲストリストをスケジュールに設定するには、招待されているゲスト 500人ごとにスケジュールを作成します。

編集画面で[ゲストを追加]のテキストボックスに招待する相手のメールアドレスを全て入力後、[保存]をクリックします。

複数の相手を招待するにはメールアドレスをカンマで区切り、全員のアドレスを入力します。
連絡先から選択をクリックしても可能です。

招待したいユーザーのアドレス追加

スケジュールを見ながら日時を設定可能

イベントの日時を決める際には、詳細編集画面で[ゲストの予定と施設の空き情報を確認]をクリックするのが便利です。

スケジュールと施設の空き情報を確認を選択

ゲストのカレンダーを共有している場合は、自分やゲストのスケジュールを確認しながらイベントの日時を決定できます。

スケジュール見ながら設定可能

2. 招待状を送信

[新しく追加したゲストに招待状を送信しますか?]とメッセージが表示されたら[送信]をクリックします。

招待状メッセージの確認

3. 招待状の送信完了

招待状の送信が行われたスケジュールには人物のマークが表示され、招待状の送信が完了します。

招待状の送信完了

関連記事