テスト ドメイン エイリアスで Gmail を試用する

Google Apps でユーザーアカウントを作成すると、同時にテスト ドメイン エイリアスが作成され、テスト ドメイン エイリアスはすでにメールが受信できるようになっています。

例えば、ユーザーアカウント you@company.jp のテスト ドメイン エイリアスは you@company.jp.test-google-a.com となります。you@company.jp.test-google-a.com 宛のメールはユーザー you@company.jp のメールボックスへ配信されます。

この機能を利用して、プライマリドメインのメール配信先は変更せずに、現在のメールサーバーの設定にてプライマリドメインのメールアドレスからテスト ドメイン エイリアスのメールアドレスにメールを転送することで、メールの二重配信を実現できます。

テストドメインエイリアスによる二重配信

上記設定により、Google Apps の Gmail でも現在ご使用のメールサーバーと並行してプライマリドメインのメールアドレスを送受信することができます。
メールサーバーを変更しないので、メール不届などのリスクなしで Google Apps が試用可能です。

テスト ドメイン エイリアスでの Gmail の試用は 10ユーザー未満で試用する場合に適しています。

1. Google Apps 管理コンソールにログイン

Web ブラウザを開き、管理者権限をもっているユーザーアカウントで管理コンソール(admin.google.com)にログインします。

管理コンソールにログイン

2. テスト ドメイン エイリアスを確認

ユーザーの詳細設定画面にてテスト ドメイン エイリアスが確認できます。テスト ドメイン エイリアスの形式は一律「ユーザー名.test-google-a.com」となります。

管理コンソールのダッシュボードにて[ユーザー]アイコンをクリックします。

ユーザーを選択

ユーザー リストにてテスト ドメイン エイリアスを確認したいユーザーを選択します。

テスト ドメイン エイリアスを確認したいユーザーを選択

ユーザーの詳細設定画面にて[アカウント]部分をクリックします。

アカウントをクリック

ユーザーのアカウント設定画面の「エイリアス」項目に表示されている(仮のメール)がテスト ドメイン エイリアスです。

仮のメールがテスト ドメイン エイリアス

3. テスト ドメイン エイリアス宛にメールを転送

現在のメールサーバーの管理画面にて Google Apps で作成したユーザーのテスト ドメイン エイリアスのメールアドレス宛にメールを転送する設定をおこないます。

メールの転送がはじまると、Google Apps の Gmail でプライマリドメインのメールの送受信が可能となります。
Google Apps の本導入が決定した場合は、プライマリドメインの Gmail を有効化して転送を解除します。

関連記事