Google Apps を有効化(DNS によるドメイン所有権の確認)

Google Apps の利用を開始するには、ドメインの所有権を Google が確認する必要があります。(あなたがドメインの所有者であるかどうかの確認です。)ドメインの所有権が確認されると、Google Apps のサービス(Gmail での受信以外)が有効化されます。

ドメイン所有権の確認は Google Apps のサービスを有効化するための作業ですので、現在公開中のウェブサイトやご使用のメールアドレスがある場合も、それらに影響することはありません。

Google によるドメインの確認方法

Google によるドメインの確認方法は、主に次の 2つの方法があります。

  1. ドメイン名プロバイダ : ドメインの DNS レコードに TXT レコードを追加して確認する方法。
  2. HTML ファイルをアップロード : HTML ファイルを作成し、登録ドメインのウェブサーバーにアップロードして確認する方法。
2 の方法は、Google Apps をご利用のドメイン名で Web サイトを公開(www なしで)している必要があります。

ドメインの DNS レコードの編集が可能な場合は「1. ドメイン名プロバイダ」の方法でドメインの確認を行います。

1. Google Apps 管理コンソールへアクセス

はじめに、管理コンソール(admin.google.com)のログインページへアクセスします。
Google Apps 無料試用のお申し込み後に、ご連絡先メールアドレス宛にアカウント開設のお知らせが送信されますので、管理者ユーザーアカウント名と仮パスワードで管理コンソールにログインします。

管理コンソールへログイン

2. ドメイン所有権の確認用の TXT レコードを表示

ダッシュボードが表示されますので、[設定を開始 »]-[ドメインを確認]ボタンをクリックします。

ドメイン所有権の確認を開始

「ドメインを確認してください」と表示されますので、[確認を開始]をクリックします。

ドメインを確認してください

ドメイン所有権の確認画面が表示され、「ドメイン レジストラまたはプロバイダを選択」の選択ボックスにて[その他]を選択するとドメイン所有権の確認をおこなう手順が表示されます。

手順の 1番目に「google-site-verification=…….」からはじまる固有の文字列が表示されますので、その固有の文字列を後でまた確認できるようにしておき、Google Apps で使用するドメインを管理しているドメイン管理事業者(以下、ドメイン ホスト)の DNS 管理画面へ移動します。

TXTレコードを表示

3. ドメイン ホストにて Google 指定の TXT レコードを追加

ドメイン ホストの DNS 設定画面にて、Google Apps 管理コンソールに表示されている文字列を入力して TXT レコードの作成を行います。

種別(Type)は TXT 、指定先(Value)には Google Apps の管理者コンソールに表示されている「google-site-verification=…….」からはじまる固有の文字列を入力します。

ドメイン ホストでの TXT レコードの作成

ドメイン ホストで TXT レコードを作成する際は、ドメイン管理画面の DNS レコード設定画面にておこないます。

日本最大のドメイン ホストである「お名前.com」の場合は、[ドメイン Navi]にログインして画面上部メニュー[ドメイン設定]- 画面左メニュー[DNS 関連機能の設定]-[DNS レコード設定を利用する]からレコードを追加、編集します。

お名前.comのDNS設定画面

DNS の設定方法についてご不明点などありましたら、ご利用のドメインホストにご確認ください。

4. Google Apps の管理コンソールでドメイン所有権を確認

ドメイン ホストでの設定が終わりましたら、Google Apps の管理コンソールに戻り、ページ下の[確認]ボタンをクリックします。

ドメイン所有権を確認

追加した TXT レコードが Google に認識されると、ドメイン所有権の確認が行われ、Google Apps の各アプリケーションの利用が可能となります。(この時点ではドメインメールの受信は行われません。)

[続行]からダッシュボードに戻り、次の設定をおこないます。

ドメイン所有権の確認が完了

追加した TXT レコードがインターネット上に反映するには(最長で)48時間程度かかる場合もあるため、ドメイン所有権の確認に失敗する場合がありますが、その場合は数時間おいてから再度[確認]ボタンをクリックしてください。
関連記事